忍者ブログ

クローバーの独り言

新.三.銃.士の感想とかお話もどきを気儘に書き綴ってます。 Copyright ? 2010- Koufuu Biyori All rights reserved.

[58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第39話 最後の戦い

アラミス復活はあったものの、あまりにもあっさりと復活したので
肩透かしを食らった感じですが、とりあえず復帰おめでとうございます!

僧衣の下に銃士隊の服を着込んでいたアラミスですが
再び袖を通す時、何らかの想いが去来していたと思いたいです。

今、ふと考えているのは
アラミスとコンスタンスの二人にとって、
あの恋愛はお互いに何を齎してくれたのか?という事です。
双方が恋愛を通して(結局は別れることになっても)、
僅かでも人間的な成長を遂げるのであれば、その恋愛は自身にとって
生涯忘れることの出来ないものになるだろうと思いますが、
彼らの場合は一体どうだったんだろう?って。

アラミスはコンスと心を通わせあいましたが、それ以上に傷つき
悩み、苦しむことが多かったように思います。
(自業自得と言ってしまえば、それまでですが(汗))
結局自分の想いを今の所、封印しちゃったように見受けられます。
彼にとってコンスタンスという存在は、心の中でどの程度の
割合をしめているのだろうかと、ふと思うときがあります。
それはコンスタンスにしても同じで、そんなにすぐに割り切れる感情じゃ
ないと思うんです。

「アラミスは死んだ」
「もう誰も愛する事はないでしょう」
って、言い切ったとき、今までの自分と決別した上での発言であるならば、まだ少なからず可能性はあると思うんですよね。
新しい自分を構築しようとする時、心のけじめをつけて古い自分を脱ぎ捨てるのは、想像以上の勇気が必要だし、また、壮絶な痛みを伴うのだと思います。
誰もがみなスムーズに出来るものではない。
アラミスのように、生きることにおいて真摯な姿勢を貫き通す人なら、尚更苦しい時間を乗り越えなければならないでしょう。
人より余計に遠回りして、人より余計に傷ついて、もしかしたら本当にそれが正しい道であるのかも分からない。

でも、復帰したときの彼の声に、ほのかな明るさが紛れ込んでいたのは、自分の中で相応の決着をつけたのかもしれません。
それがどこに向かっているものなのか、来週の放送までお預けですが(泣)

焦らしに焦らされて、とうとう最終回までもつれ込んだ恋の糸を
どう解きほぐしてくれるのか、3谷さんのお話に期待してます!

★Web Clapいつもありがとうございます!
励みになってます!★

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

第39話より アラミス&コンスタンス HOME 拍手お返事&チャット開催のお知らせ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

★まとめのつぶやき★

♪語り場♪

アラコンやパラレル、三銃士について
思う存分一緒に語り合いませんか?

お気軽にこちら から
御入場くださいね
ご来訪お待ちしております!

バーコード

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]
Template by repe