忍者ブログ

クローバーの独り言

新.三.銃.士の感想とかお話もどきを気儘に書き綴ってます。 Copyright ? 2010- Koufuu Biyori All rights reserved.

[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第39話より アラミス&コンスタンス

本日2回目の更新です。
39話での作戦会議の席上で、顔を合わせたであろう
コンスタンスの気持ちです。
よろしかったらどうぞ。

昨日チャットにてお付き合いして下さった皆様方
ありがとうございました!
楽しかったです。

「・・・・・・ご無沙汰しております」

まともに顔を見ることすら出来ず、目を伏せたままの状態で挨拶を述べる。
震える唇から紡ぎだされた声には、幾許かの心の揺れが入り混じったような焦りが、見え隠れしていた。
喉奥で何度も、何度も言い掛けては留めていた言葉がようやく漏れ出した瞬間、全身を激しい虚脱感が襲う。
この場で立っていることすら、今の私には辛い現実に違いなく。
そんな私の意識を辛うじて支えているのは、あの人に心配を掛けさせたくないと願う、ただ、それだけの気持ち。
貴方はそんな私を見て、もう何も思わないのだと、既に分かりきっていることだけれど。
声を掛けても、おそらく返ってこないであろう挨拶を予期して、私はすぐその場を立ち去ろうとした。


「貴女も、お変わりなく」


柔らかな声が頭上から降り注いだ瞬間、緩やかだった時間が止まった。
その穏やかな響きは、聖書の教えを紡いでいたあの時と変わらぬままで。


・・・・・・よかった・・・・・・


込み上げる幾多の思いを引き離して、たった一つ、胸を覆い尽くす気持ち。


貴方がここへ・・・・・・貴方を愛する仲間の元へと再び戻ってきてくれたこと。
それだけが、ただ嬉しくて。

ここに戻ってくるまでに、貴方がどんなに傷ついていたのか。
こうして普通に振舞うことが出来るまで、貴方がどんなに苦しんでいたのか。

苦しみや悩みという言葉では到底言い切れないほどの、たくさんの・・・・・・たくさんの言い知れぬ想いを、たった一人で抱え込んでいた貴方が、ようやく・・・・・・ようやくここへと戻ってきてくれたこと。


これに勝る幸せなど、この先一切見つからなくてもいいと思えるほど、今ここに、仲間と共に在る貴方の姿がとても嬉しくて。


人知れず零れ落ちた涙に、込められた真実。
その想いを知る者は、誰もいない。

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

第25話より  HOME 第39話 最後の戦い

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

★まとめのつぶやき★

♪語り場♪

アラコンやパラレル、三銃士について
思う存分一緒に語り合いませんか?

お気軽にこちら から
御入場くださいね
ご来訪お待ちしております!

バーコード

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]
Template by repe