忍者ブログ

クローバーの独り言

新.三.銃.士の感想とかお話もどきを気儘に書き綴ってます。 Copyright ? 2010- Koufuu Biyori All rights reserved.

[61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第16話直後 ポルトス&アラミス

吊り橋回直後のポルトスさんとアラミス先生です。
自覚がないアラミスさんに、ポルトスさんが気付いたら?という
妄想です。

よろしかったらどうぞ。

★Web Clapありがとうございます!★

「・・・・・・任しといて大丈夫かなぁ~」

思わず零れ出た本音に、間髪いれずアラミスのフォローが入る。

「大丈夫。コンスタンスが一緒だ」

強く言い切ったアラミスの眸は、もう姿が見えないはずの二人の背中をまだ追っているようで。
まるで自分自身に言い聞かせているような口振りに、どこか違和感を覚える。
未だかつて、こんなに強く断定するアラミスなんぞ、見たことがないぞ、俺は!


「そう強く言い切れる自信の根拠は、一体何?」


無粋な質問だとは想ったけれど、聞かずにいれない俺がいて。
だって、そうでしょ!?
こんな状況で落ち着いていられる方が、どう考えたって無理!!
なのに奴はしれっとした顔付きで、言葉を紡ぐ。


「根拠はない。だが、コンスタンスがいるから絶対大丈夫だ」


落ち着き払った口調で言い切るアラミスの顔に、一切の曇りはなく。
却ってその潔い台詞を聞き入った俺の胸の内で、けたたましい勢いで警報が鳴り始める。


ちょ・・・、ちょっと待て!
言い切っちゃったよ、アラミス!
お前、それ、全然根拠になってないからッッ!!
無自覚の自信って、ホント怖いわ~~~。

呆然としながらも、突っ込みは忘れんぞ!
だってそうでしょうが!
大丈夫って言い切れる保証がどこにある?
お前がコンスタンスに、絶対的な信頼を置いているのは分かる!
分かるけど・・・・・・それって、ただ単にお前の気持ちを述べてるだけじゃん。
理性的なアラミス先生は、何処に行った~~~???

返り討ち覚悟で俺は言うぞ。
いや、言わねばなるまい。
奴からどんな理不尽な言い逃れを聞かされようとも、俺は言ってやる。


「ほぉ~。これはまた、コンスタンスの事を随分とかっているんだね」


引き攣った顔が元に戻らぬまま、紡ぎだした言葉が宙を漂う。
冷や汗が一筋、頬を伝う感触が何故か妙にリアルで。
アラミスの言葉を待つ俺の心境は、もう俎板の上の鯉状態。


「かっているも何も・・・・・コンスタンスがどれほど有能な女性であるか、君だって既に分かっているはずだろう?孤立無援の我々にとって、トレヴィル隊長と共に彼女が唯一の味方であると!」


・・・・・・ポルトス、憤死寸前です、ハイ。
ここまで理路整然とコンスタンスの重要性を説かれたら、素直に従うしかありませんて。
反論は一切出来ません。
アラミス先生の仰る通りでございます。

しかし、しか~し!!
よくもまあ、ここまでコンスタンスの事を熱く語るとは。
御見逸れしましたよ、私は。

いや、そういう問題じゃないでしょ~~がッ!

・・・・・・アラミス、お前、今自分で何喋ってるか自覚してねぇだろ?
俺、もうたまげちゃったよ。

自覚してないってのは、ホント厄介だよなぁ~~~;;;
天然ここに極まれり!って、スローガン付けたくなっちゃったよ、マジで。


「でもさぁ、万が一首飾りが戻ってこなかったらどうするよ?」


俺って、イ・ジ・ワ・ル!
・・・・・・だけど、これ位お前に言い返してもいいだろうよ!?
最初で最後。
お前の本気を見極めるための、芝居だからさ。


「戻ってくる!必ず!!」


言い切った表情の奥に息づいていたのは、眩しいほどに鮮やかな男の純情。
冷静な男が見せた底知れぬ熱さは、本物に違いなく。

アラミス、お前やっぱり・・・・・・そうだったんだな。
俺、お前のこと半分茶化しながら聞いてたけど、今のその言葉でぼんやり分かっちゃった。
嘘つける位なら、こんなに一所懸命にならねぇもんなぁ。
いっそ、俺らの前で平気で嘘つけるような奴だったら、どんなに良かったか。
お前ってホント損な奴だよ。
・・・・・・そしてそんなお前だから、俺らには凄く大事なんだよ。

お前が見つめる先には、コンスタンスとダルタニアンの姿がはっきりと見えるんだな。
首飾りを奪還して、俺達の元へと帰ってくる二人の姿が。
そして、俺にも見えるよ。
コンスタンスの笑顔を待つ、お前の姿が。


「・・・・・・ふたりとも早く無事に戻ってくれるといいな」


ふと口をついて出たのは、嘘偽りない俺の本音。
お前の真摯な想いに触れて、思わず零れ出た言葉の欠片。
上目遣いで盗み見たお前の顔が、やけに男らしく毅然とした表情のまま、俺の目に焼き付く。
遥か先を見据える眸の一途さに、今はただ、何も言えない俺だった。

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

お知らせなど HOME 第25話より 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

★まとめのつぶやき★

♪語り場♪

アラコンやパラレル、三銃士について
思う存分一緒に語り合いませんか?

お気軽にこちら から
御入場くださいね
ご来訪お待ちしております!

バーコード

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]
Template by repe