忍者ブログ

クローバーの独り言

新.三.銃.士の感想とかお話もどきを気儘に書き綴ってます。 Copyright ? 2010- Koufuu Biyori All rights reserved.

[156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

心を縛り付けるための呪文&拍手お返事

コンスが小僧から先生との関係を問われた際に返した台詞

「私には主人がいるから・・・・・・」

っていうのは、コンスが自分自身を無理矢理納得させ、先生への気持を抑え込む為に、自らに言い聞かせるようにしている台詞のように感じています。

「私には主人がいるから・・・・・・(アラミスさんへの想いは遂げられない/アラミスさんの傍にいることはできない)」

っていう、彼女の心が見え隠れしているような気がしてならないのです。
(アラコンフィルターが掛かって、そう見えるだけかもしれませんが(汗))

彼女が小僧に問われた際、珍しく強い口調で遮るように上記の台詞を言い放ったのも、つまりは先生が『貴女には御主人がいる』という理由で、コンスの誘いを一度は拒否したことが延々と心に蔓延っているんじゃないかと。
先生に言われたその台詞がいつまでも心に残っているから「私には主人がいるから」っていう言葉がコンスから出てきたんだと。


■「貴女には御主人がいる」→ けれど私は貴女を愛している


って事に先生の気持ちは繋がりますよね。要は自分達の気持は深く繋がり、愛し合ってはいても「貴女には御主人がいる」「私には主人がいる」って、この一言で自らの気持を封じ込んでしまっているんですよね、この二人は。

憎みあって別れた訳じゃないし、ましてや嫌いになった訳でもない。
寧ろ前よりも一層お互いを求めているのに「(貴女には/私には)主人がいる」って事で逃げちゃっているんですよね、現実から。

本編を見る限り、コンスは先生の事を嫌った訳じゃないんですよね。
それは先生も全く同じ。
愛しているのに気持を抑え込まねばならぬ心の限界に、いつまで二人が耐えられるのか?

「私には主人がいるから」と突っ撥ねたのに、なおも食い下がろうとした小僧に対して「もう終わったこと(要約)」と、無理矢理に話題を転化させたあのシーンにこそ、コンスの先生への諦めきれない想いが滲んでいると想いました。
先生の事を何とも思っていなければ、いつものコンスならサラッとスルーして対応出来た筈なのに、あの強引とも取れる話の打ち切りは、やっぱり先生に心を残しているからに違いないとアラコンフィルター全開で見てしまう私です(泣笑)

>いせざきさま

こんにちは!
お話、読んでいただいてありがとうございます~!
最終回後のアラコンは、書いているとどうしても切なさの方が前面に出てきてしまうので(汗)、いせざきさまの最終回後のアラコンの二人に、いつもとても癒されています!
これからも心が温かく満たされていく、いせざきさまのお話を楽しみにしています♪

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ぶく…ぶく…ぶく… HOME もしかしたら、そうだったのかもしれない アラミス(教会での件)

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

★まとめのつぶやき★

♪語り場♪

アラコンやパラレル、三銃士について
思う存分一緒に語り合いませんか?

お気軽にこちら から
御入場くださいね
ご来訪お待ちしております!

バーコード

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]
Template by repe