忍者ブログ

クローバーの独り言

新.三.銃.士の感想とかお話もどきを気儘に書き綴ってます。 Copyright ? 2010- Koufuu Biyori All rights reserved.

[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

続・第34話

真面目で融通が利かない人って、とかく自分を責めがちになるような気がします。

たとえそれが、他人の目から見て不可抗力で起こった事だとしても、
結果的に事実しか認められないというか。
そこまでの過程に起こった経緯は一切頭の中から吹っ飛んで、
直接結果のみに要因を結び付けてしまう傾向が顕著だと想います。

この結果を誘引したのは、自分であると思い込んでしまうから
ますます自分を責めてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

どんなに慰めの言葉を掛けたとしても
老婆が死んでしまったという事実は、永遠に変わらない。
そして、老婆を殺してしまったのは、紛れもない自分自身だという事実も。
負の連鎖が立て続けに起こって、アラミスの心がいつ崩壊してもおかしくない状況な訳で。

その負の連鎖を断ち切るのは、容易じゃありません。
誰かが浮上のきっかけを与えてくれるにしても、
乗り越えていくのは自分自身ですから。

・・・・・・でも、このままでは終わらないと信じてます。
いや、信じさせて下さい、三谷さん;;;

第三話でダルタニアンの誘いを受け、第四話で噴水広場に再集結する間に
再び銃士隊の服に身を包む際、彼の心に去来したモノは何だったのか。
かなり葛藤があった筈だと想います。
でもそれを押し留めて、再び三銃士として集う決意に込められていたのは

国王陛下をお守りし、パリの街に平穏をもたらす

という、銃士としての気高き誇りではないだろうかと推察します。

人間としての尊厳を、自身の過ちで貶めてしまったのなら
再び困難・壮絶な苦悩を乗り越えて立ち上がるのも、
また神が与えた試練なのではなかろうかと。

いずれにしてもバッドエンドだけは回避して欲しいと切実に願っております(涙)

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

夢一夜 第11話頃 HOME 第34話

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

★まとめのつぶやき★

♪語り場♪

アラコンやパラレル、三銃士について
思う存分一緒に語り合いませんか?

お気軽にこちら から
御入場くださいね
ご来訪お待ちしております!

バーコード

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]
Template by repe