忍者ブログ

クローバーの独り言

新.三.銃.士の感想とかお話もどきを気儘に書き綴ってます。 Copyright ? 2010- Koufuu Biyori All rights reserved.

[110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最終回 ミレディーが去っていった理由

最終回アラコンの結末と共に、ファンの予想とは違った展開だったのが
アトスとミレディーの事ではないでしょうか。

ポルトスさん曰く「ミレディーは一人でしか生きられない女」(要約)と
いう事になりますが、あの最終回を見てミレディーが去っていった心境を考えると

「今までこんなにまで多くの人に、優しくされたことなどなかった私が、このままその優しさに甘えてしまってもいいのだろうか?私はそれに足る人間なのだろうか?」

って、想ってしまったように感じるんです。
・・・で、その想いを受け取れるキャパシティが、今の自分にはないと判断して、皆の元から去っていったのかな~?と。

優しくされる事に慣れてない人間って、ほんの些細な事に対しても懐疑的になりがちです。
たとえそれが本当の真心から齎されたものだとしても、素直に好意を受け止められない。
ましてやミレディーの場合、アトスとの結婚期間は別として、優しくされることに慣れてない分、多くの人間が自分の為に無私の心で動いてくれていると知ったら、きっとその想いに自分が応えられる筈がないって想ってしまい、その場から逃げ出してしまうような気がします。

いつも心の何処かで感じ続けているんではないでしょうか。
私には幸せになる資格がないって。

彼女の生き様を思えば、そういう考えに至ってしまうのも無理はないと想いますが、言うなれば幸せになる資格がない訳じゃなくて、私が幸せになれる筈がないと自分で一方的に決め付けてしまっているのが、一番のネックなんだろうと。

私のような女が幸せになれる訳がない。

でも、そう想えば思うほど、幸せになりたい気持ちは人一倍強いんだと想います。
その強さの反作用が、結局彼女が皆の元から去っていった理由なのだろうと。


そういう所、ミレディーとロシュフォールと似ているなって想います。
自ら進んで幸せになる道を閉ざしてしまいがちになるところが。

アトスはそういうミレディーの事を全部受け止めてくれると想いますが、
肝心のミレディーが自分の心を見据えない限り、帰ってくるのは時間がかかりそうです。

ん~~~、大人の愛って、素直になれない分、複雑ね(苦笑)

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

最終回後 アラミス&王妃 HOME 8月29日 1作品UP

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

★まとめのつぶやき★

♪語り場♪

アラコンやパラレル、三銃士について
思う存分一緒に語り合いませんか?

お気軽にこちら から
御入場くださいね
ご来訪お待ちしております!

バーコード

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]
Template by repe