忍者ブログ

クローバーの独り言

新.三.銃.士の感想とかお話もどきを気儘に書き綴ってます。 Copyright ? 2010- Koufuu Biyori All rights reserved.

[141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アラミス先生の誤算 ~第29話~

某様のブログ記事に29話のお話が掲載されており、その記事に
非常(一方的)に共感してしまい、再度自分でも29話についての想いを
掘り起こしてみました。
タイトルはセンセーショナルですが、アラミス先生の全面的バックアップ
記事となっております。
記事の続きは つづきはこちらより お入りください

★10月23日追記★
アラコンやパラレル、三銃士について思う存分語り合える
♪語り場♪を設けました。
欄外のプラグイン ♪語り場♪ より御入場ください。


■コンスに対する、自分自身の恋愛感情の見誤りと
想像以上にコンスが自分を愛してくれていたという誤算

あの教会での場面で「これ以上深入りすべきではない」という台詞を放った先生。
でも本当に深入りすべきではないと思うなら、直接コンスに逢わずにシスターに出征するとの伝言を頼めばいいだけ。
それをせずにコンスに直接言いに行ったのは、
「ちゃんと言わなければいけない」という先生の律儀で真面目一辺倒の
面もさることながら、自分の口から伝えることで彼女に状況を理解して欲しかったという面もあるのだと想います。

・・・で、言えばきっと聡明な彼女のことだから自分の言い分を黙って聞き入れてくれるはずという考えもあった筈だと。
多少抵抗されるのは、想定済み。
でも最終的にはきっと理解してくれるだろうという気持ちだったのだと
想います。

・・・しかし、想像以上にコンスが自分を愛してくれていたこと、
そして自分もまた、元に引き返せないくらいに彼女を愛していたこと
この二つの相乗効果が重ね合わさったとき、誤算が生じてしまったんですね。
この場合で言う誤算とは、二人ともどうにもならない位に、互いの心の深淵の部分で魂が共鳴してしまったことをさします。

言わずにはおれなかった。
言ったけれども自分の心の歯止めが効かなかった。
そして想像以上に相手が自分を愛し過ぎていた。

教会で断腸の思いでコンスを引き離した時、「アラミス様!」というコンスの言葉を背中だけで受け止めた先生。
もしあれが面と向かってコンスから言われたのなら、先生は彼女を抱き締めずに、そのまま立ち去ったように想います。
背中越しに彼女の悲痛な叫びを聞いた時、一瞬だけ胸を過ぎった様々な言い知れぬ想いが先生の身体を瞬時埋め尽くし、振り返り駆け寄って彼女を抱き締めずにいられなかった。
そんな気がします。

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

■11月3日 1作品UP HOME ■10月21日 1作品UP

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

★まとめのつぶやき★

♪語り場♪

アラコンやパラレル、三銃士について
思う存分一緒に語り合いませんか?

お気軽にこちら から
御入場くださいね
ご来訪お待ちしております!

バーコード

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]
Template by repe