忍者ブログ

クローバーの独り言

新.三.銃.士の感想とかお話もどきを気儘に書き綴ってます。 Copyright ? 2010- Koufuu Biyori All rights reserved.

[10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

29話より

「アラミス様・・・・・・!」

凛とした響きが、静まり返った聖堂内の壁に染み込んで行く。

その声に内包されている切ない叫びが、私の心を激しくそして狂おしく揺さぶり続ける。

幾度となく胸の内に押し留めようとした想いは、
私の体の奥底に幾重にも張り巡らした、抑制という名の鎖を一気に引き千切り
唯一抵抗していた理性の欠片までも、粉々に砕け散らせていく。

自分の本当の心に、最早抗える術など残っていない筈なのに・・・・・・
最後の最後まで抵抗をし続けた良心の呵責が、私の心に今一度問い掛ける。

 

・・・・・・それで、いいのですね・・・・・・?

 

それでもなお、断ち切ろうとする想いに堪え切れず
思わず眸を閉じた瞬間、瞼の内側に微かな残影として残っていたのは、

愛読書に丁寧に差し込まれていた四葉のクローバーと、
憂いを秘めた眼差しで私を見つめるコンスタンスの姿。

その二つが私の意識の中で重なり合った瞬間、
無意識のうちに口から零れ出た吐息が、時間を止めた。


最後まで燻り続けていた心の枷が、吐息となって聖堂内に漏れ落ち・・・・・・
私とコンスタンスを静かに、そして密やかに濡らす。

 

神よ、赦し給え・・・・・・

 

襲いくる闇の誘いを背中で受け止めたまま、
無我夢中で掻き抱いた彼女の身体から伝わる温もりだけが、
現実と未来の狭間で揺れ動く私の心に、しばしの安らぎを与えるのだった。

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

第10話より ~兆し~ HOME あっと言う間に

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

★まとめのつぶやき★

♪語り場♪

アラコンやパラレル、三銃士について
思う存分一緒に語り合いませんか?

お気軽にこちら から
御入場くださいね
ご来訪お待ちしております!

バーコード

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]
Template by repe