忍者ブログ

クローバーの独り言

新.三.銃.士の感想とかお話もどきを気儘に書き綴ってます。 Copyright ? 2010- Koufuu Biyori All rights reserved.

[144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [134]  [133]  [132

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

29話 教会に行く直前のアラミスの想い

29話の放映があったので、こちらにUPする話も前回、今回とその辺りに絡んだお話になりました。

29話、教会に出向く直前のアラミスの想いを超短編で綴ってみました。
よろしかったらどうぞ。


胸の縁をじわりと削ぎとっていく戸惑いの刃。
逡巡する想いを切迫していく時間がじりじりと責め立てて行く。

バランスを失い掛けた心の行く先は二つに一つ。

このまま踏み止まるのか・・・それとも感情に身を任せるのか。

グルグルと渦巻く思考を辛うじて支えている己の理念さえ、最早風前の灯で。


生きてこの地に帰ってこれる保証もなく・・・
ましてや人の妻たる彼女に想いを寄せているなど言語道断。
普通に考えれば、己のすべき事柄はただひとつ。


これ以上、私達は深入りすべきではないと明言し、距離を置けばいいだけ。


しかし・・・
手元に置いてある本が目に入った瞬間、強く揺さぶられる気持ちは抑えようがなく。

手に取っただけで、すぐに開くページに挟み込まれている彼女の心。
あの日からずっと・・・そのページだけを毎日繰り返し観続けた日々が蘇る。
まるで私の気持ちを代弁するかのように、本を手に取った途端にそのページが自然に開いてしまうほど、彼女へと傾倒している私の想いは疑いようがなく。

このままではいけないと思う度に、彼女の切なげな眸が思い浮かんでは胸の奥が掻き毟られる気持ちに襲われる。
いっそ逢わないでいたなら、こんなにも苦しまずに済むのに・・・想いとは裏腹に足は必然的に教会へと向かっていた。


・・・言えるのか?私に・・・
これ以上深入りすべきではないと。

・・・彼女にきちんと向き合えるのか?
私が彼女を愛しているのは間違いないのに。



出征の時間はすぐそこまで来ている。
答えのない出口を捜し求める心に、四葉のクローバーは沈黙を続けるだけだった。
切ない想いに彩られた面影を私に思い起こさせながら。

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

■11月16日 1作品UP HOME 20話直後 宴の後で アラミス&コンスタンス

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

★まとめのつぶやき★

♪語り場♪

アラコンやパラレル、三銃士について
思う存分一緒に語り合いませんか?

お気軽にこちら から
御入場くださいね
ご来訪お待ちしております!

バーコード

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]
Template by repe