忍者ブログ

クローバーの独り言

新.三.銃.士の感想とかお話もどきを気儘に書き綴ってます。 Copyright ? 2010- Koufuu Biyori All rights reserved.

[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第10話~11話の間

第10話~11話までの間のお話

※前回UPのお話にボタンを押してくださった方、ありがとうございました!

「・・・・・・あっ・・・・・」

一歩足を踏み入れた先の光景に、思わず息を呑み込む。
目に飛び込できた情景は、あまりにも神々しくそして冒しがたい聖域の空気で満たされていた。

カーテンの隙間から漏れ零れる金色の光のベールが、一斉に部屋全体を照らし出す。
部屋の片隅に僅かに残っていた夜の名残も、荘厳な光に照らされて跡形もなく消え掛かっていく。
この部屋を満たしている、清浄な空気を生み出しているのは明け方の光ではなく・・・・・・
部屋の中央で一心に祈り続ける人物、その人から醸し出されるものであると気付くのに、
さして時間は掛からなかった。

まるで著名な宗教画を間近で見ているかのような錯覚に陥るほど、それは神々しくて。
今までの記憶を遡ってみても、これほどまでに神聖な光景に出逢えたことはなく。
今後、このような光景に巡り会えることなどないと、即座に言い切れるほど、それは美し過ぎて。
この光景を見ているだけで、自分の心までもが瞬く間に根底から浄化されてしまうような、
そんな感覚が私を包む。

大袈裟に言えば、この場で呼吸することすら、
赦し難い罪を犯している気分になってしまう・・・・・・
そんな怖れが湧き上がってくるほどに、この光景は私に、ある種の衝撃を与えた。


彫りが深く、整った横顔。
引き締まった口元から漏れ聞こえる祈りの声は、穏やかで優しい声音のまま紡ぎ出される。
伏せた睫の先に金色の光が零れ落ち、より一層神秘的な表情を際立たせていた。
同じ人間とは思えない程、超越した何かを持っている人間に特有の近寄り難い雰囲気さえ、
あの方の周りでは何故か萎縮して影に隠れているように思えた。
声すら出せずに、その光景を見つめ続ける私は、時間の概念を意識の外に置き去りにしていた。


「・・・・・・何か御用ですか?」


突然発せられた声に驚き、両手で抱えていた焼き立てのパンの籠を落としそうになるのを必死に堪える。

「あっ・・・あの、お祈りの邪魔をしてしまって、すみません!」

慌てふためいて棒立ちになりながら答える私。

「いえ、もう済んだのでご心配なく。・・・・・・それより、貴女がこちらに見えたのは
何か御用件があるからでは?」

あまりの驚きにまだ意識が追いつかない私を気遣うかのように、あの方はさりげない言い方で
私の用件を導き出そうとしてくれた。


「・・・・・昨晩から皆さんは、何もお召し上がりになっていらっしゃらない筈だと思いまして。
こんな明け方早くから申し訳ありませんが、パンを焼いてまいりましたので、
よろしかったらお召し上がりください。皆さんのお口に合うかどうか分かりませんが・・・・・・」


訳もなく顔が火照りだすのを止められず、私は俯いたまま、パンが入った籠をあの方の前に差し出した。
指先が小刻みに震えているのを、見られているかもしれないという怖れも同時に抱えつつ。


ふいっと腕が軽くなったと瞬間、頭上から優しい声音の言葉が降り注ぐ。
まるで柔らかな雨に打たれているかのように。


「とても香ばしい、いい匂いですね。この匂いで、貴女が作ったパンがおいしい筈だと分かります。
丁度お腹が空いていた所です。早速みなでおいしくいただきます。
・・・・・・お心遣い、感謝致します」


思い掛けない言葉が届いたと同時に、思わず見上げた視線の先には・・・・・・

金色の光のベールに包み込まれ、柔らかな笑みを浮かべたあの方が私を見つめていた。
さっきまで祈っていらした神々しい姿に加え、
さらに円やかな優しさが宿ったような表情に、心がキュッと締め付けられる。

 

・・・・・・コトッ・・・・・・


その瞬間、僅かに乱れた鼓動が全身を駆け巡り、
身体の内側から微かなざわめきが起こった。


・・・・・・えっ!?・・・・・・


不意に声を掛けられた驚きとは違う何かが、私の胸の内で芽生え始めていた。
 

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

御礼ページUPしました HOME 第10話より ~兆し~

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

★まとめのつぶやき★

♪語り場♪

アラコンやパラレル、三銃士について
思う存分一緒に語り合いませんか?

お気軽にこちら から
御入場くださいね
ご来訪お待ちしております!

バーコード

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]
Template by repe