忍者ブログ

クローバーの独り言

新.三.銃.士の感想とかお話もどきを気儘に書き綴ってます。 Copyright ? 2010- Koufuu Biyori All rights reserved.

[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

窓越しの祈り 第29話~30話の間

この前まで御礼ページにUPしていたお話です。

よろしかったらどうぞ。
 


夜と朝の境界線が混じり合う、明け方の空。

空の端でまどろむ闇を追いやるように、広がり始める夜明けの光。

窓越しに佇む貴方の顔に、決意の表情が浮かぶ。

澄み切った眸の奥で、言い知れぬ想いが揺れていた。

その覚悟に触れた瞬間、思わず駆け寄り窓に両手を付け、
最後まで口に出来なかった想いを解き放つ。


「どうかご無事で……」


涙が一筋、頬を伝い落ちる。

貴方は微かに微笑むと、窓越しの私の両手に重なり合わせるようにして、窓に手を付く。

たった一枚のガラスは、私と貴方の想いを隔てている、互いの状況を表しているようで。

お互いの手の温もりは伝わらないはずなのに、指先を通じて行き交う想いは
貴方と私の気持ちを強く深く繋ぎとめていた。


・・・・・・たった数秒だけの、窓越しのくちづけ。


貴方は私の眸を見つめ、ゆっくりと頷き・・・・・・そして前を振り返り、二歩三歩と離れていく。
貴方の背中に差し込む朝日の煌きは、天から零れ落ちる光の涙となって、
貴方の行く先を指し示す。


神様・・・・・・どうか、どうかあの人をお守りください!


涙で滲む視界の彼方で、遠ざかっていく貴方の背中をずっと見守る私だった。

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

午後の陽射しの中で ポルトス&アラミス 第13話頃 HOME リフレイン ~第12話頃~

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

★まとめのつぶやき★

♪語り場♪

アラコンやパラレル、三銃士について
思う存分一緒に語り合いませんか?

お気軽にこちら から
御入場くださいね
ご来訪お待ちしております!

バーコード

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]
Template by repe